エラ削りの不安はカウンセリングで解消!美容外科へまずは相談を

エラ削りの不安はカウンセリングで解消!美容外科へまずは相談を

エラの張りで悩んでいるなら美容外科でエラ削りを

腕を組む医者

色の白いは七難隠すという言葉がありますが、現代は顔の小ささは七難隠す、と言っても過言ではないでしょう。
モデルや俳優・女優さんのような小顔に憧れる人は少なくないはずです。
スッキリとしたフェイスラインを目指し、リンパマッサージや顔ヨガなど色々な手法を試してきた方も多いかもしれません。
しかし、エラの張りだけは骨格なので、上記の方法ではどうすることもできません。
エラ張りをどうにかしたいとお考えの方には、美容外科でエラ削りを受けることを検討してみてはどうでしょうか。
エラ削り手術には口腔内からアプローチする口内法と、外側から皮膚を切開して行う口外法があります。
口内法は、手術痕が表から見えないメリットがありますが、術野が狭いため医師の高度なテクニックが必要で、削れる骨の範囲も限定されてしまうことがあるようです。
口外法はエラの裏側を1cmくらい切開するので痕が残りますが、髪の毛で隠せるような目立たない位置ですし、口内法と比べ患者の体の負担が少ないとされています。
いずれにしても、エラ削りをするということは骨を削るということですから、それなりの費用もかかります。
美容外科でとことんカウンセリングをしてもらい、納得してから手術を受けるようにしましょう。

CHOICE ARTICLES

INFORMATION

TOP